重度不眠症のくせに世界一周しました!~アラサー節約旅行記~

不眠症でお金もないけど国内&海外旅行を節約しながら自分なりに楽しんでみる。ってアラサー女子のゆるいブログ。

オーストラリア ハード1週間女子旅行5日目~エアーズロック→シドニー①~「ウルルサンライズ・登山&ふもとめぐりツアー」

オーストラリア ハード1週間女子旅行5日目~エアーズロック→シドニー①~「ウルルサンライズ・登山&ふもとめぐりツアー」

 

11月29日(木)晴れ

ウルル(エアーズロック)サンライズ

昨日はエアーズロックのサンセットを見たけど今日はサンライズ❗朝4時起き❗

昼夜逆転してるので普段なら寝る時間です👼

オーストラリア旅行は毎日とんでもなく早起きだぜ…。

ツアー参加者はホテルのロビーで朝食セットの入ったバッグを貰えるので4時45分に貰いました⭐

 

▼ツアーバスでサンライズを見る展望台へ。ほんのりと空の下の方が赤く染まり始めてました✨グラデーションが綺麗~😍

f:id:ata129:20190307002516j:plain

▼私達以外のツアー団体も続々と展望台に集結。

f:id:ata129:20190307002520j:plain

朝方は冷えて寒かったのでツアー側から温かい飲み物も頂けました🎵(確かココアだったような)

f:id:ata129:20190307002524j:plain

▼サンライズ時のエアーズロック。私はエアーズロックから日が出てくると思ってたけど、日が昇る方向はエアーズロックと正反対方向でしたw

f:id:ata129:20190307002623j:plain

▼ゆっくりと日が昇り始め・・・。

f:id:ata129:20190307002657j:plain

▼日の出の様子を動画撮りました。スーパー倍速。

youtu.be

▼日の出と私。いつも日の出と共に寝てるから日の出を見る為に起きるなんて滅多にないよ。

f:id:ata129:20190307003742j:plain

▼エアーーーズ!!!もう大分明るくなってきましたな。

f:id:ata129:20190307003752j:plain

 

ウルル登山&ふもとめぐり

サンライズを見てからはそのままバスでエアーズロックのふもと散策へ。

先住民の聖域なので、撮影していい場所と撮影しちゃいけない場所があります。

 

▼岸壁に入ってる縦の線の窪みは、神話で蛇が登った跡と言われてるらしいです。まあ実際には雨で窪んでるんだが(←ロマンがない)

カタ・ジュタは近隣のウルル(エアーズロック)などとともに頻繁にアボリジニの神話に登場する場所である。それによれば、この山の頂上にはワナンビと呼ばれる蛇が住んでいて、乾期にのみ下山するという。

f:id:ata129:20190307003842j:plain

▼ふもとに到着です。

f:id:ata129:20190307003902j:plain

▼後ろ姿写真って雰囲気イケメンになれる^^

f:id:ata129:20190307003909j:plain

▼歩き始める前に軽くごはん。ホテルで貰った朝食セット。フルーツやシリアルやゼリーやら結構種類豊富でお水も入ってるよ~。

f:id:ata129:20190307003912j:plain

 

エアーズロックは2019年10月26日から登山が禁止になります。

エアーズロックは登山慣れてない人にはキツいと聞いてたから私達は体力に自信なくて端から登る気は更々なかったものの、同じツアーの人達で登山希望の人達が何人かいたみたいで。

でもこの日は風が強めで天候のコンディションが完璧とは言い切れなくて登山は中止になりました。

実際快晴になったんだけど、天候や風が万全じゃないと登れないらしい。

何人も登山して死んでる人もいるんだとさ…。こわやこわや…。

 

▼ということで全員がマラ族が暮らしていたと言われるふもと散策(マラウォーク散策路)へ。

f:id:ata129:20190307005008j:plain

f:id:ata129:20190307003921j:plain

 

ふもとツアーで色々と箇所の説明は受けたが全ては覚えてないので写真と適当な説明だけ置いとくから詳しく知りたい方々はググってくれ←

 

マラ族が書いた壁画が描いてある場所へ向かいます。

 

f:id:ata129:20190307005132j:plain

▼ここにも蛇が通ったと言われてる痕が。

f:id:ata129:20190307005144j:plain

▼マラ族が書いた壁画。

f:id:ata129:20190307005154j:plain

 

男達の洞窟と呼ばれるなだらかなカーブの洞窟。ここで男達がキャンプやらしていたんだとか。ウホッ。

f:id:ata129:20190307004021j:plain

 

▼ここはキッチンとして使われていた洞窟だそうです。

f:id:ata129:20190307004040j:plain

▼窪みの部分がまな板です。

f:id:ata129:20190307004035j:plain

▼一つ一つの場所に説明書きがついています。

f:id:ata129:20190307004049j:plain

 

▼マラウォークには至る所に洞窟があります。

f:id:ata129:20190307004055j:plain

 

昨日のカタ・ジュタ散策の時は飛んではいたけどそれほど気にならなかった小蝿だが、今日はちょいちょい顔に当たって少し鬱陶しい…。

 

f:id:ata129:20190307005301j:plain

▲と言うことで、遂に虫対策のネットの出番❗装着❗

ちょっと気になる程度だったんだけど、せっかく買ったから使わないとねw

 

▼雨が降らないと水は流れないけど高さのあるカンジュ渓谷

f:id:ata129:20190307004129j:plain

▲このネット被って暗いとこで写真撮るとホラーだな。

f:id:ata129:20190307004136j:plain

▼カンジュ渓谷の真下。水が残っています。

f:id:ata129:20190307004157j:plain

f:id:ata129:20190307004205j:plain

▼乾燥地帯では貴重なお水です~。

f:id:ata129:20190307005208j:plain

 

長老達の洞窟

f:id:ata129:20190307004234j:plain

▼じいさん達が集まって火を囲んで老人会をしていたのだろう。

f:id:ata129:20190307004223j:plain

 

▼ハート型の窪みがある岩壁の写真スポット。ベタに手でハート^^

f:id:ata129:20190307005221j:plain

 

マラウォークは1時間くらい散策していました。

まだ日が完全に昇ってない朝だったから昨日の昼間より断然過ごしやすくて涼しかった!

 

お次はカルチャーセンターに向かいまーす。太陽も昇って今日も良い青空です。晴れ女万歳。

 

f:id:ata129:20190307005038j:plain

f:id:ata129:20190307005102j:plain

 

カルチャーセンター

ふもとの散策を終えて、バスでアボリジニのカルチャーセンターへ。滞在時間は40分ほど。

 

中での撮影はNGでカメラも持ち込めなかったので施設内の写真はありません(;_;)

アボリジニの土地では撮影に対しての意識が厳しいのです。

f:id:ata129:20190307005031j:plain

カルチャーセンターにはアボリジニの歴史についての展示物や手作りの民芸品が売られていました。

手織りの布、絵画、トートバックなどの布製品などなど。

 

▼母が民族的なデザインが好きなので、エアーズロックのサンセットの様子の絵が描かれたプレートを母へのお土産に購入しました🎵15ドルです。

f:id:ata129:20190307005309j:plain

 

10時半にホテルに戻ってチェックアウトして荷物整理。

エアーズロック空港までまたツアーバスで送ってくれます。

13時のシドニー行きのジェットスターの飛行機に乗るまでちょっと空港内のお土産屋を物色。

f:id:ata129:20190307005232j:plain

▲流石エアーズロック、アボリジニデザインの商品がたくさん置いてありました!

▼ランプもとっても綺麗でステキ✨️

f:id:ata129:20190307005255j:plain

母が好きそうなデザインなので何かお土産に買おうかと思ったけどフライト時間が来てしまったのでここでは何も買わず。 

 

13時、最後の目的地、シドニーへ飛びま~す⭐️

 

オーストラリア ハード1週間女子旅行5日目~エアーズロック→シドニー②~へ続く