重度不眠症のくせに世界一周しました!~アラサー節約旅行記~

不眠症でお金もないけど国内&海外旅行を節約しながら自分なりに楽しんでみる。ってアラサー女子のゆるいブログ。

オーストラリア ハード1週間女子旅行4日目~ケアンズ→エアーズロック②~「ウルル=カタ・ジュタ国立公園」

オーストラリア ハード1週間女子旅行4日目~ケアンズ→エアーズロック②~「ウルル=カタ・ジュタ国立公園」

 

日本人オンリーのバスでウルル=カタ・ジュタ国立公園に向かいます。

エアーズロックは先住民アボリジニの呼び方ではウルルと言うそうです。カタ・ジュタはオルガ山という岩山のことらしいです。

展望台

まずはエアーズロックカタ・ジュタの岩が見える展望台へ。

展望台へはバスから降りて歩いて5分ほど。

たった5分でも日差しと暑さでゼェハァします\(^_^)/そういうことも含めて、年配の方もいたけど若い内に来れてよかった!w

f:id:ata129:20190302013358j:plain

展望台着きました~!

こちらがカタ・ジュタ(オルガ山)。でっかい!写真で見るよりもでかいです。

何かナルトの火影岩みたいだね、っていうスケールの小さい話を友達としていた^^

f:id:ata129:20190302013630j:plain

遠目にエアーズロックも見えます!赤く光ってるように見える。神々しい。

f:id:ata129:20190302013413j:plain

そして雲一つない綺麗なグラデーションの青空!オーストラリアの空ってほんと雲がない。

思い思い10分くらい展望台で岩を眺めたり撮影を楽しみました。

 

風の谷のカタ・ジュタ(オルガ山)

またバスに乗り込み次は先程展望台から見えたカタ・ジュタへ向かいました!

4つの巨大岩!!普通に撮るとカメラに収まらないのでパノラマで撮影しました。

f:id:ata129:20190302020052j:plain

風の谷のナウシカみたいとよく呼ばれている撮影スポットまでは歩いて15分ほど。

この暑さで日陰が全くない灼熱の道を15分歩くのはなかなか恐ろしいことである。

2リットルの水を持って覚悟を決めて出発!

ほんとにずっと日陰がなかったので正直しんどかった~!\(^_^)/

f:id:ata129:20190302015940j:plain

 

撮影スポットに到着です。

もう熱さが限界だったので大きな岩があったからすかさず岩陰に隠れたった。水分補給水分補給・・・。

f:id:ata129:20190302015738j:plain

岩がでかすぎて距離感が何だかよくわかりませんがここが風の谷と言われてる場所っぽい!全然風吹いてなくてとんでもなく暑いけどな!!^^

f:id:ata129:20190302015745j:plain

オーストラリアの大自然にきたーーー海外きたーーーって感じです!

パノラマ撮影でも全ては入り切りません。

f:id:ata129:20190302015840j:plain

もっと奥にもいけるけど暑さと体力的な問題で私はあまり先には進みませんでした~。ちょっと奥に行ってみたけどそんなに景色は変わらなかったので。

 

岸壁にボコボコと穴が開いています。岸壁から岩が落下して穴が空いたそうです。

f:id:ata129:20190302015728j:plain

これが落下した岩達。真っ赤で粘土質。

f:id:ata129:20190302020745j:plain

20分ほど岩肌を堪能してまたもと来た道をゼェハァ言いながら戻りました。

行きより帰りの方が日光が直に当たってすんごい眩しかった!オーストラリア着いてすぐにサングラス壊れたから私はノーサンだよ!😂

目が比較的光りに強い私でも目を開けてられないくらいの眩しさだったからサングラスは必要です!

バスに戻ったらツアー側から麦茶配布してくれた✨️麦茶うめ~~~😙

 

エアーズロックのサンセット鑑賞場所に行く前にトイレ休憩。

ボットン便所でしたwボットンは大自然ツアーの醍醐味です(?)

f:id:ata129:20190302020022j:plain

ボットンだけど洋式で綺麗だったよ~。ただ水道からも水が出なかったのでツアーバスの方でウェットティッシュくれました。

f:id:ata129:20190302020014j:plain

トイレ休憩場所からのカタ・ジュタ。

f:id:ata129:20190307000310j:plain

展望台とカタ・ジュタの動画まとめました。

youtu.be

 

エアーズロックサンセット

 

トイレからバスで移動してエアーズロックサンセット鑑賞場所に到着~!

サンセットが今日の一番の大イベントです!若干空の下の方にオレンジ色が出始めてきました。エアーズロックが日に照らされて綺麗。

f:id:ata129:20190302020616j:plain

ああ、大自然素晴らしいな。

アボリジニの人達が地面に座って手作りの絵などを売ってました。アボリジニの人を写真に撮ってはいけないらしいので写真はないです。

 

テーブルの上にシャンパン、ジュース、野菜スティックやフルーツなどの軽食が用意されてました~~!ワーイ!パーリーだパーリー🙋

しかし野菜スティックのソースの量が明らかに分量ミスだと思います。

f:id:ata129:20190302020040j:plain

帰ってディナーもあるっていうのにめっちゃ食いまくったwみんな遠慮してか結構残ってて捨てちゃうの勿体ないからバクバク食べたよ。

シャンパン飲むとお腹が緩くなるので周りにトイレもなく怖いから私はジュースにしました。

日が沈むまで軽食を食べながらエアーズロックを優雅に鑑賞です。

f:id:ata129:20190307000213j:plain

すっごい贅沢~~~。セレブリティな気分😙
30分くらいは鑑賞してたかな~。流石に夕方ともなれば日差しや暑さもなくなって過ごしやすかったです!

夕日はほんとにロマンチックで綺麗でした✨️

日が沈んでいく様子を動画に撮りました。

www.youtube.com

 

19時半くらいには撤収してバスでホテルに戻りました。

ホテルから見た夕日もまためちゃくちゃ美しかった!

f:id:ata129:20190302020107j:plain

 

ホテルのレストランディナー

サンセットの時に野菜スティックとか軽食を大量に食べてしまったけどこれから晩ご飯!

ツアー前にホテル敷地内のレストランを予約していたのでレストランに向かいます。

予約はしたものの、どういう形式で料理が出てくるのかとかメニューが何なのかとかはいまいちシステムがわかっておりません\(^^)/

f:id:ata129:20190302020147j:plain

とりあえず予約名を言ってテーブルに案内されました。

テーブルでシステムの説明をされて、メインメニュー(ステーキorフィッシュ)だけ決めてサラダやスープ、デザートなどはビュッフェで自由に取ってきて良いんだとか。

メインは私は普段食べないステーキ(300g)をチョイスして友達は魚にしました。

 

とりあえずメインが来る前にサラダとか取りに行くぞい!!

ビュッフェのサイドメニューはめちゃくちゃ種類があって豪華!!いっぱいあって迷いまする~!

f:id:ata129:20190302020131j:plain

フルーツやデザートも豊富です!😋オラわくわくすっぞ!o(^o^)o

f:id:ata129:20190302020137j:plain

まずはパンプキンスープとサラダを取ってきました。(その後何回も取りに行った)

f:id:ata129:20190302020151j:plain

メインが来ました!肉も魚もバカでかい!!

写真じゃわかりにくいけどポテトの量もすごいです。豪快にじゃがいもが丸々一個w魚の方にも下にポテトが敷き詰められていますw

f:id:ata129:20190302020155j:plain

肉は味が薄かったけどまあまあ。

イモが多くて大食いの私でも若干キツかったけどプレート全部完食しました!

勿論デザートも色々食べたよ💛やっぱり海外クオリティーで甘かったけどw

さすがに今日はお腹パンパン満腹じゃ~~~!!

 

何だかんだゆっくりしてたら10時近くに。明日もエアーズロックで朝日見に行くから早く寝なきゃだ💦

食べ終わってからレストランでお会計しました。50ドル、なかなかなお値段でござる。

 

レストランを出て、レストランの前にあるプールがライトアップしててナイトプールに外人達が泳いだり寝転んだりしておった。

f:id:ata129:20190302020159j:plain

何泊もするなら私も夜ものんびりしたかったわ~。1泊な上に明日はサンライズツアーがあるから今日の夜もあまりゆっくりしてられない😭ハード😭

 

部屋に帰るまでの道で空を見上げたら満点の星空でした!目が悪いからちょっとボヤけてたけど、ずっと眺めてれば流れ星の一つや二つくらいは見れたと思う。

 

すぐに交代でシャワー浴びて就寝。今夜はなかなか寝付けませんでした(;_;)

 

使ったお金

タクシー10 お水3 ミルクシェイク5 お水99セント×5 フルーツ6.15 レストラン50.5
合計79.6オーストラリアドル

 

オーストラリア ハード1週間女子旅行5日目~エアーズロック→シドニー①~「エアーズロックサンライズとふもと散策」へ続く→