重度不眠症のくせに世界一周しました!~アラサー節約旅行記~

不眠症でお金もないけど国内&海外旅行を節約しながら自分なりに楽しんでみる。ってアラサー女子のゆるいブログ。

世界一周ピースボート旅行記 50日目~ロシア(サンクトペテルブルク)~⑤「エルミタージュ美術館(新別館)」

世界一周ピースボート旅行記 50日目~ロシア(サンクトペテルブルク)~⑤「エルミタージュ美術館(新別館)」


三時間くらい館内を見学してかなりぐったり。高速で美術館を見るのはしんどいっす・・・。
もう疲れたーーー!お腹空いたーーー!ってなった所で美術館を出て外へ移動。
よっしゃああああやっとレストランだーー!ゴハンだーー!いえええぇぇい!
って思ったらそこはエルミタージュ美術館新別館だった(^p^)ぐはあ
絵より今は飯をください…。
いや腹ペコMAXだけど見ますけども・・・。
 
新館は現代アートと印象派の絵が中心で本館に比べると規模は全然小さいです。
 
まず入ってすぐに目に入った椅子から転げ落ちる人の像。(正式タイトルとかは知らん)

f:id:ata129:20180826051435j:plain

現代アート感出てます。何かホラーゲームに出てきそう。サイレントヒルとか。(伝われ~)

 

こちらは完全にサイレントヒルのクリーチャーさんです。(サイレントヒル大好きなんです(^p^))

f:id:ata129:20180826051443j:plain

 
印象派の代表と言えば・・・のモネの絵ありました!!
モネ『Woman in a Garden』

f:id:ata129:20180826051546j:plain

f:id:ata129:20180826051555j:plain

絵画に疎い私でも、モネの絵はやっぱり綺麗で素敵だな~と思います。

f:id:ata129:20180826051603j:plain

アップ。絵の質感とモネのサイン。

f:id:ata129:20180826230111j:plain

油絵やったことないけど絵の表現方法の中で一番好きです。

この立体感がアナログならでは。現代技術のデジタルでは絶対出せませんな。

と言いつつ私は専ら色塗りはデジタルなんだけど・・・ほんとはアナログが好きだけど技術がない(..;)

 

Paul signac『Port of Marseilles』

f:id:ata129:20180826051639j:plain

 点々で描く感じがモネと似ています。パステルカラーで優しくて綺麗な絵。

 

Henri Edomond Cross『View of the Church of Santa Maria degli Angeli near Assisi』

f:id:ata129:20180826051731j:plain

こちらも点々描写。印象派は点々な人多いですね。

 

Vincent Van Gogh『Thatched Cottages』

f:id:ata129:20180826051739j:plain

田舎の風景が素朴に描かれてて安心感のある絵だな~。部屋に飾ったら落ち着きそう。

 

新別館の窓から見た宮殿広場。広場ほんとに広すぎる。

床は格子状になってたんですん。アレクサンドルの円柱もこんなに高かったんだ!

f:id:ata129:20180826051748j:plain

 

うーん、私はやはり写実派より印象派の絵の方が好きかもw

写実派は歴史を記録するって意味でもリアルに描いてるんだけど、写真のような絵よりイメージっぽい絵の方が好きというか。

内装は本館だけど、展示品はもっぱら新別館の方が好きです💛
 
さて、やっと飯だ!!!!(^p^)
 
世界一周ピースボート旅行記 50日目~ロシア(サンクトペテルブルク)~⑥「ホテルでロシア料理」へ続く→