重度不眠症のくせに世界一周しました!~アラサー節約旅行記~

不眠症でお金もないけど国内&海外旅行を節約しながら自分なりに楽しんでみる。ってアラサー女子のゆるいブログ。

 世界一周ピースボート旅行記 42日目~フランス(ル・アーブル)~④「モン・サン・ミシェル修道院Ⅲ」

 世界一周ピースボート旅行記 42日目~フランス(ル・アーブル)~④「モン・サン・ミシェル修道院Ⅲ」

 

修道院を出て外へ抜けます。

f:id:ata129:20180810023523j:plain

下から見るミカエル像不在の屋根。

f:id:ata129:20180810023626j:plain

外壁はガッチリと壁が高くて砦のようです。苔が生い茂ってて天空の城ラピュタみたい。苔っていいよね。

f:id:ata129:20180810023636j:plain

 

自由行動時間が50分あったのでまーちゃん、ぴーちゃんと3人で院外を歩き回りました。

展望台的なテラス。ずーーーっと向こうの先まで見渡せます。広大!!

f:id:ata129:20180810023713j:plain

潮が満ちるのと、今のように橋ができるまでの大昔は帰れなくなることもあったとか。

潮が満ちた姿も見たかったなー。

展望台でおフランス人に写真をお願いしたら、こっちの英語は通じたっぽいけどおフランス語で返ってきて、ほんとにおフランス人は英語使わないんだなと・・・(笑)

 

何か湖で潮干狩り?(絶対違う)みたいなことしてる人達が何人かいたよー。

f:id:ata129:20180810023838j:plain

潮の満ち引きが激しくて、昼すぎは結構干上がってたから足までしか浸かってなかったけど、泥だらけになって何してるんだろ?

何かのツアーの人達?謎である・・・。

 

お店通りを探索~。

こういう建物は?ホテルなの?住んでるの?こんなとこに1泊できたら最高だな~。

f:id:ata129:20180810023751j:plain

 小道のオープンカフェ?モンサンミシェルや他のレストランは混み合ってたけどここは誰もいない。

f:id:ata129:20180810023851j:plain

映画の世界みたい。すてき。建物が古びてる感じも味があって良いよね。

f:id:ata129:20180810023844j:plain

自由時間短くて、オムレツで超有名店のプーラールおばさんのお店は見つられませんでした💦残念;

 

お土産屋さんで28箱入りのクッキーを3人で割り勘して分け分けしました。

モンサンミシェルはクッキーも有名みたいですよ。

f:id:ata129:20180810024009j:plain

パッケージもオシャレで暖かみのあるデザインでかわいいのだ(^p^)

f:id:ata129:20180810024017j:plain

クッキーカートン業者買いww

因みに味はまあ普通かなw

 

最後は西のテラスでモンサンミシェル様と記念写真!とっても良い写真が撮れた⭐️後で母にポストカードで送りました。

f:id:ata129:20180810024000j:plain

服装はこのくらいの装備でちょうど良かったです。

モンサンミシェル様は近くよりも遠目で見る方が全体が入って◎

 

いやーこれは泊まりできてのんびりするのがベストです!もっとぼーっとしたりしたかったけどあんまりゆっくりできなかったもん(;_;)

モン・サン・ミシェルには対岸のホテルとかにも泊まれるらしいから今度は是非泊まりで行きたい!

白夜で明るい状態しか見れなかったし、どちらかというと旅行のパンフレットによく載ってるような夕日と夜のライトアップされたモン・サン・ミシェルが見てみたい!

 

また三時間かけて船に帰りました~。

往復6時間、移動時間に時間取られるのが難点。なかなかしんどいぜ・・・。

f:id:ata129:20180810024102j:plain

ターミナルの側の車窓からの景色。

 

f:id:ata129:20180810024051j:plain

 

船にただいま!!

f:id:ata129:20180810024057j:plain

 

部屋に戻ったら隣の部屋のアディーが私の部屋の前にいて、私宛の手紙を勝手に読んでた。おい、お前。

クーヘンから部屋で飲み会やるとのお誘いのお手紙でした🍷

 

チーズ工房体験ツアーに行った子達からチーズとワインをお裾分けしてもらって明日のイギリスのプラン会議。

みんなロンドンに行くらしいけど、私はロンドンまで六時間かかるのが勿体ないので近くの町に行くことに。

 

シャワーして暑いから外に涼みに行ってからおやすみ~~(-_-)zzz

モンサンミシェルはいつかまた行くぜ!作曲家サティの地元にも行きたい☆