重度不眠症のくせに世界一周しました!~アラサー節約旅行記~

不眠症でお金もないけど国内&海外旅行を節約しながら自分なりに楽しんでみる。ってアラサー女子のゆるいブログ。

世界一周ピースボート旅行記 37日目~スペイン(モトリル)~③「アルハンブラ宮殿後Ⅲ」

世界一周ピースボート旅行記 37日目~スペイン(モトリル)~③「アルハンブラ宮殿Ⅲ」

 

 

ヘネラリフェ庭園

女子はきっと大好き!乙女心くすぐられる庭園です。

f:id:ata129:20180723050941j:plain

アルハンブラ宮殿は水路や噴水が多い印象。

乾燥地帯で暑い地なので水が重要みたいです。

しかしこんなに広いと草花の手入れが大変だ~。

f:id:ata129:20180723045032j:plain

こういうアーチがあるとひょっこりやりたくなるやつ。

f:id:ata129:20180723045050j:plain

バラのアーチがたまりません。気分はプリンセスです👸✨

おばさま方もこのアーチをくぐる時はきっと気持ちはプリンセスになっていたはずだ。

ドレスとか着てガッツリ撮影したい!

時間ある人は可愛い格好で撮影するのもいいかもです。でもめっちゃ距離歩くから靴は歩きやすいもので。

f:id:ata129:20180723045113j:plain

ミカンみたいな柑橘系の実がいっぱいなってました。食べたい。

 

ガイドが早いのでゆっくりしてると置いてかれるからあまりじっくり見れません(;^_^A

お庭綺麗だからもっと見ていたかったな~。

 

アセキアの中庭

恐らく一番ガイドブックに載る写真で有名な場所じゃないかな?

私もこの中庭の写真見てアルハンブラ宮殿行きたい!と思ったのです。

f:id:ata129:20180723045129j:plain

ここを我が家にしたい。

優しいたくさんの噴水のアーチ、奥に長く伸びる水路と細い小道。

くすぐられすぎてかゆい。丸一日ここで過ごせます。

f:id:ata129:20180723045140j:plain

どこから見ても素晴らしい。

アルハンブラ宮殿って細部のつくりは男性がデザインした感じがするんだけど、大まかな形とか庭の造りとかかなり女子っぽいんだよね。

建築家は性別わかんないけど(この時代に女性建築家とかいなさそうだからきっと男性?)、女性の意見をかなり取り入れていそうだ。

多分つんく♂みたいな女子の心を持った建築家だと思う。

 

ホテルでビュッフェ

駆け足で宮殿を周り、残り5分で宮殿内のお土産屋さんタイム。短すぎだろ!(^^)!

お店は小さくてこみこみぎゅうぎゅう。

お土産の種類は豊富で、デザインもアルハンブラ宮殿で見たイスラム建築の模様が使われててどれもクオリティー高くて可愛いかったです!

私はえんぴつ2本購入しました☆

 

バスに乗ってランチをするホテルへ。

f:id:ata129:20180723045743j:plain

ホテルまでの景色。乾燥してる、っていう感想。←

 

ランチ会場のホテルはかなり大きいホテルでした。

ここもデザイン的!現代アートっぽい。

f:id:ata129:20180723045752j:plain

ツアーバスの号車ごとに席が決まってました。

f:id:ata129:20180723045808j:plain

ビュッフェ形式で自分で好きな物取りに行きます。人数多すぎてめっちゃ並んだ(;^ω^)

種類は豊富で、スペインの名物中心。パエリアとフルーツが美味しかったよ!

寝不足で食欲あんまりなかったからフルーツとか水分多めのやつばっか食べてたw

f:id:ata129:20180723045816j:plain

毎度おなじみご当地トイレ写真。とってもシンプルで無駄のないトイレ。

f:id:ata129:20180723045821j:plain

食べ終わってからはみんなホテルのロビーでフリーwi-fiタイム。フリーwi-fi愛してる。

次はホテルを出てグラナダの旧市街へとバスは向かいます。

 

世界一周ピースボート旅行記 37日目~スペイン(モトリル)~④「グラナダ旧市街」へ続く→